野口整体 金井蒼天(省蒼)の潜在意識教育と思想

金井省蒼(蒼天)の遺稿から説く「野口整体とは」

第三部 第一章 一1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠④

1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠④

 

 今日は前回からの続きで、いよいよヘリゲルがどうしたらいいのか分からなくなって行き詰ってしまいます。今日の内容で、ヘリゲルは「あなたは無心になろうと努めている。」と師に指摘されますが、金井先生は生前、これだな…と言っていました。意志の力で無心になろう、なろうと努めてしまうのですね。

 整体的には、無心というのは精神状態であると同時に、ある体の状態でもあります。金井先生は野口晴哉の「脱力」(『偶感集』)が好きで、このブログでも何度か掲載していますがもう一度紹介します。

脱力

体の力を抜きなさい。筋を出来るだけ弛めなさい。体の力を発揮する第一の方法です。

 力を入れ筋を硬くしないと、体力が発揮されないと思うのは間違いです。丸木橋を渡る人や、清書をしようとする人を御覧なさい。固くなっている間は、本来の力を発揮しません。

 恐怖や驚きのまま固まってしまっているような硬直した状態は、決して人間の自然の相とは言えません。

 筋を弛めると、自ずから下腹で呼吸するようになるのです。

 金井先生はこのことを「丹田呼吸のための脱力」と言いました。こういう身心の状態になることをヘリゲルの師も求めているのです。では今回の内容に入ります。

④「無心」が分からず行き詰ったヘリゲル

 ヘリゲルはこの行き詰った時の師とのやり取りを、『日本の弓術』で次のように記しています。

「待たなければならないと言ったのは、なるほど誤解を招く言い方であった。本当を言えば、あなたは全然なにごとをも、待っても考えても感じても欲してもいけないのである。術のない術とは、完全に無我となり、我を没することである。あなたがまったく無になる、ということが、ひとりでに起これば、その時あなたは正しい射方ができるようになる」と答えられた。

私が弓術を習得しようと考えた本来の問題(禅の精神への到達)に、先生はここでとうとう触れるに至ったが、私はそれでまだ満足しなかった。そこで私は、「無になってしまわなければならないと言われるが、それではだれが射るのですか」と尋ねた。すると先生の答えはこうである。

――「あなたの代りにだれが射るかが分かるようになったなら、あなたにはもう師匠が要らなくなる。経験してからでなければ理解のできないことを、言葉でどのように説明すべきであろうか。仏陀が射るのだと言おうか。

この場合、どんな知識や口真似も、あなたにとって何の役に立とう。それよりむしろ精神を集中して、自分をまず外から内へ向け、その内をも次第に視野から失うことをお習いなさい」――

先生はこの深い集中に到達する仕方を教えた。弓を射る前の一時間はできるだけ静かにしていて心を凝らし、正しい呼吸によって心中を平らかにし、外部のあらゆる影響から次第に身を鎖して行き、さてそれから冷静に弓を引き、その他はすべて成るがままにまかせておく。

 このように「無我の境」にて射ることを教わったのですが、ヘリゲルは弓を引き絞ったまま立っていることに強い緊張を感じ、矢が離れる時を考えずにはいられず、意志を持って右手を開くことしかできず、矢が「正しく放たれる」ことがないまま、長い時が過ぎて行きました。

 師は、他の多くの弟子たちが何年となく稽古を受けていても、彼より別段射方が優っているわけではないことをほのめかし、「あなたは無心になろうと努めている。つまりあなたは故意に無心なのである。それではこれ以上進むはずはない」と彼を戒めたのです。

 これに対しヘリゲルは「少なくとも無心になるつもりにならなければならないでしょう。さもなければ無心ということがどうして起こるのか、私には分からないのですから」と、その意志を強調しますが、師は途方にくれ答えようがありませんでした。

 この時の阿波氏の反応について、同著で次のように述べられています。

人づてに聞いた話だが、先生はそのころ、私といううるさい質問者を満足させうるものが引き出せるかも知れないという希望をもって、日本語で書かれた哲学の教科書を数冊手に入れた。その後しばらく経って、先生は首を振りながらその本を投げ出し、こんなものを職業として読まなければならない私から精神的には碌なことは期待できないというわけが大分わかって来たと、漏らしたそうである。

 そして、ヘリゲルは『新訳 弓と禅』(Ⅶ.破門事件と無心の離れ)で次のように記しています。

稽古に対する疑念

一杯に引き絞って満を持して待つことは、単に疲れて引く力が失われるだけでなく、あまりにも耐えがたくなって、沈潜状態から常に引き戻され、離れを行うことに注意を向けざるを得なくなった。

「離れを考えるのをやめなさい」と師は叫んだ。「それでは失敗するに決まっています」

「他にどうしようもないのです」私は答えた。「引き分けていることが、苦痛になります」

「あなたは、真に自分自身から離れていないからこそ、そう感じるのです。それは、単純なことです。何が問題であるのかは、ありふれた笹から学ぶことが出来ます。雪の重みによって、押えられ、より深くなると、常に笹は身動きしないでも、雪は重みで突然、滑り落ちます。

 これと同じように、一杯に引き絞って満を持して待っていなさい、射が生じるまで。そうすれば、本当にそうできます。引き絞りが充実して〔機が熟せば〕、射は生じざるを得ません。雪が重みで笹から離れるように、それを考える前に、発(はつ)は射手から生じざるを得ないのです」

 あれこれと試したにもかかわらず、発が降りてくるまで、気をもまず待つことは、私には出来なかった。相変わらず、ただ意図して放す以外なかった。そしてこの抜けられない失敗は、ますます私の気を滅入らせた。

 

第三部 第一章 三1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠③

1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠

③阿波師が説くヘリゲルが「離れ」を待てない理由

「離れ」に入った段階で、阿波師はヘリゲルに「あなたは何をしなければならないかと考えてはなりません。どのようにそれをすべきか、あれこれ考えてはなりません」「離れは、それが射手自身を驚かせるような時にのみ、なめらかになります。弦をしっかりと持っていた親指を突然に切断するかのごとくでなければなりません。それ故、あなたは右手を意図的に開いてはなりません(『新訳 弓と禅』Ⅳ)と教えました。

 この「離れ」の内容について、次の項ではより深く語られています(『新訳 弓と禅』Ⅳ.)。

師との対話

 師は答えられた。「あなたは、どこに困難があるかをよく述べられました。何故、離れを待つことが出来ないのか、射が生まれる前に何故息切れしてしまうのか、御存じでしょうか。正しい射が正しい瞬間に起らないのは、あなたが自己自身から離れていないからです。あなたは引き分けていくのに、充実を目指してではなく、失敗を待っているのです。

 そうである限り、あなたとは関係がなく生じる業をあなた自身で呼び起こす以外の選択しか残っていない(自分(自我意識)で呼び起こすより他にない)のです。あなたがそれを呼び起こす(呼び起こそうとする)限り、正しいやり方――赤ん坊の手のようには、手を開けないのです。熟した果実の皮のように、手はぱっと開かないのです」

 私は師に、この教えが一層混乱させたと告白せざるを得なかった。

「というのは、結局」と、私は再考を促した。「弓を引き、射を放つのは、的に中てるためです。それ故、引き分けは、目的のための手段です。この関係から眼を逸(そ)らすわけにはいきません。赤ん坊はそれを知りません。私はこの関係を除外するわけにはいきません」

「正しい道は」と師は大きな声で言われた。「目的がなく、意図がないものです。あなたが、的を確実に中てるために、矢を放すのを習おうと意欲することに固執すればするだけ、それだけ一方もうまくいかず、それだけ他方も遠ざかるのです。あなたがあまりに意志的な意志を持っていることが、あなたの邪魔になっています。意志で行わないと、何も生じないと、思い込んでいます」

「しかし、先生自身はしばしば言っておられるではありませんか」私は言葉を差し挟んだ。「射は決して気晴らしではなく、目的のない遊びではない。生と死がかかる重大事だと」

「私は、ずっとそうです。我々弓の師範は言っています。『一射絶命!』と。このことが意味することを、あなたは今は理解できないでしょう。けれどもおそらく、これと同じ経験を表現した別の喩(たと)えが助けになるでしょう。

我々弓の師範は言います。弓を射ることは、弓の上端で天を突き刺しており、弓の下端では、大地が絹の糸でぶら下がっている。射が強い反動で放たれれば、糸を切ってしまう危険があります。意識して行うことと力ずくであるために、断絶は決定的になり、人間は、天と地の間の真ん中に救いがたく取り残されます」

「それでは、私は何をすべきでしょうか」私は考え込みながら、尋ねた。

「あなたは正しく待つことを学ばなければなりません」

「このことを、人はどのように学ぶのでしょうか」

「あなたは、自分自身(我)から離れることによって、これらすべてのことをきっぱりと止めれば、意識しないで引き分けていること以外、何も残っていないのです」

「それならば、意識的に意識しないようにならなければならない」と、つい、私から漏れた。

「弓を引く者は誰もそんな風に尋ねたことはありません。だから私も正しい答えを知りません」

「この新しい稽古は、いつ始まりますか」

「時が熟するまで、お待ちなさい」

 

第四部 第一章 三1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠②

②日本の身体行と呼吸

 ヘリゲルは呼吸法について、『日本の弓術』で次のように述べています。

…先生は説明して下さった。――「あなたが弓を正しく引けないのは、肺で呼吸をするからである。腹壁が程よく張るように、息をゆっくりと圧し下げて、痙攣的に圧迫せずに、息をぴたりと止め、どうしても必要な分だけ呼吸しなさい。

一旦そんな呼吸の仕方ができると、それで力の中心が下方へ移されたことになるから、両腕を弛め、力を抜いて、楽々と弓が引かれるようになる」―― 先生はそれを実証するため、自分の強い弓を引き、私に腕に触ってみるようにと言った。じっさいその両腕は、なんにもしていない時と同様に弛んでいた。

『新訳 弓と禅』では、呼吸法について次のように述べています(Ⅲ.稽古の第一段階―引き分けと呼吸法)。

呼吸法の教え

師は私に教えられた。

「それ(力を抜いたまま弓を引き、射る=射ることが精神的になる)が出来ないのは、あなたが正しく呼吸していないからです。…呼吸が正しく出来るようになれば、弓を射るのが日に日に楽になることに気づくでしょう。この呼吸法によって、あなたはすべての精神的な力の根源〔丹田(たんでん)〕を発見するのみならず、力を抜けばそれだけ、この源泉から力がより豊かに流れ出し、より容易に四肢に注がれるようになるでしょう」

…けれども我々は(妻も)当時はこのことを理解できなかった。

…私は、かの日々を振り返ると、呼吸法が効果を現わすまでは、最初はいかに困難に感じていたかを思い出さざるを得ない。

 こうしてヘリゲルは弓術の修行に打ち込み、一年かかって正しい呼吸と力を抜いて弓を引くことを会得しました。正しい呼吸とは「自分が呼吸するのではなく、呼吸させられているという気持ちを持つまでに至る」ことでした。

 彼は正しい呼吸法を身につけることで「内的発展の先(せん)を越さず、物事をいわば自然の重力に委ねる忍耐」について学んだと述べています。

 そして矢をつがえ、二米先の巻き藁に射放つこと(離れ)を許されましたが、師はこの時、ヘリゲルに「あなたがそんな立派な意志をもっていることが、かえってあなたの第一の誤りになっている。あなたは頃合よしと感じるかあるいは考える時に、矢を射放とうと思う。意志を持って右手を開く、つまりその際あなたは意識的である。あなたは無心になることを、矢がひとりでに離れるまで待っていることを、学ばなければならない。」と教えます。

 しかし彼は、この「離れるまで待つ」という教えが理解できず、意識的に矢を放してやらなければ、矢は放たれるに至らない(指を意志的に離さなければ矢を放てない)と強固に思っていたのです(これが、第二部第三章二 3で述べた「理性と随意筋による自己支配」という近代的心身観。同 4師野口晴哉「意識は総てではない。…」参照)。

第三部 第一章 三1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠①

三 弓道修行の実践

 今日から三に入ります。三の内容はヘリゲルが日本の弓道を学ぶ途上で経験した疑問や葛藤、そこから脱していく過程が主題となっています。このような心理は整体指導法(観察や操法など)を学ぶ際にも経験することで、私もヘリゲルの気持ちが分かるような気がしたものです。

 三は引用文と内容のまとめが多くなりますが、金井先生がこの内容を選んだ意味を考えながら、読み進めて頂ければと思います。

1 無心を妨げていたヘリゲルの近代的精神― 自我から無我への大きな峠

『新訳 弓と禅』を翻訳した魚住孝至氏の解説「Ⅰ.オイゲン・ヘリゲルの生涯」で、魚住氏は『日本の弓術』から引用し、「妻グスティとともに(ヘリゲルが)阿波に入門したのは、通訳を務めた小町谷操三の記憶の通り「大正15年〔1926年〕春」…であったと思われる」、そして「ヘリゲルは「ほとんど六年にわたる弓道の稽古」と書いているが、阿波についた稽古は実質四年数カ月だったようである。」と述べています。

 しかし、彼が入門した1926年春から仙台を離れる1929年8月までの間は、三年数カ月しかないのですが、魚住氏自身が「四年数カ月」と間違いをされています(本二冊を精査したところでは、ヘリゲルの弓道修行期間は「三年数か月」と言わざるを得ない)。

 また魚住氏は、同著「講演 武士道的な弓道」の訳注(9)で、「ヘリゲルは、…1929年7月まで東北帝国大学に在籍し、哲学・西洋古典語の授業を担当した。」と記されながら、「弓と禅」解説で「ヘリゲル夫妻は一九二九年五月に仙台を去って、ドイツに帰国…」と、年月の記述に曖昧さがあります。

 そこで、ここ三 1においては、『日本の弓術』に書かれているヘリゲルの修行経過の年数(また、その他の数字)を、そのままに使用することにします(この点について魚住氏は『弓と禅』の訳注(10)で「…ヘリゲルの入門からの年数の記載は、当時の日本の慣例にもよって、足掛け何年の記述のようである。」と記されているが、右傍線部の期間は足掛けでも四年数カ月とはならない)。

①ヘリゲルの近代的心身観

 通訳を務めた小町谷氏の当時の回想録「ヘリゲル君と弓」(『日本の弓術』)によると、「(師は稽古で)呼吸を整えることと、丹田に力を入れることを、やかましく言われた。しかしヘリゲル君には、丹田に力を入れるということが、はなはだ理解し難いことのようであった。呼吸は肺でするものではないか。その気を丹田に持って行けと言っても、それは生理的に不可能ではないか、とよく反問した。(金井・西洋の呼吸法は肺呼吸)」とあります。

 そして「先生は力射を戒(いまし)めた。弓を引くには全身の力を捨てよ、ただ精神力をもって引けと教えた。ヘリゲル君は、ここで大きな暗礁に乗り上げてしまった。彼は、弓は弾力を利用して矢を的に当てるものではないか。それには全身の力を用いなければならないはずだ。それなのに、全身の力を捨てたなら、骨なし(gelockerter Mensch)になってしまうではないか。そんなことは考えられないことだと言った。この疑問は随分長いこと続いた。」とあり、近代的心身観に基づき、理性で理解しようとする、西洋人である彼の苦闘が伺えます。

2022年1月15日 活元運動の会

活元運動の会を下記の通り行いますので、どうぞご参加ください。
初めての方も、他の場所で活元運動を体験したことのある方も、歓迎です!
私が順番に活元運動の誘導を行います。この会では相互運動は行いません。

 

2022年1月15日
午前9時15分~
会場 小田急線 小田急相模原駅 徒歩6分程度の和室
(申込時にご案内します)
会費 3000円
持ち物 飲用水・着替え等
※参加可能人数に限りがあります。

メールでお申し込みください。

近藤佐和子

soryu0516@gmail.com

第三部 第一章 二3 欧米人の理性と日本人の身体性(直観)

3 欧米人の理性と日本人の身体性(直観)

 さらにヘリゲルは、ヨーロッパ人と日本人の「精神的起原」の相違について、次のように述べています(『日本の弓術』)。

…日本人は、ヨーロッパ人に分かる国語を用いて自分の思うことをヨーロッパ人に理解させようとする時には、ヨーロッパ人がともかくまったく違った精神的起原を有しているのだという事実を見落としてしまう。日本人はヨーロッパ人の物の考え方にまだまだ通じていない。ヨーロッパ人の問題の出し方にも通じていない。それゆえ日本人は、自分の語る事をヨーロッパ人としてはすべて言葉を手がかりに理解するほか道がないのだということに、少しも気がつかない(日本人は欧米人に分かるように、言葉や論理によって説明することができない)。

 ところが日本人にとっては、言葉はただ意味に至る道を示すだけで、意味そのものは、いわば行間にひそんでいて、一度ではっきり理解されるようには決して語られも考えられもせず、結局はただ経験したことのある人間によって経験されうるだけである。日本人の論述は、その字面だけから考えるならば、思索に慣れたヨーロッパ人の目には、混乱しているというほどではないにしても幼稚に見える。

 ところが、われわれヨーロッパ人がそれについて考えを述べると、日本人は逆に、ヨーロッパ人の悟性(物事を判断・理解する思考力)の鋭さは別に羨ましいとは思わずそのまま認めるとしても、ヨーロッパ人の考えには「精神がこもっていない」(退屈だ)というほどではないが直観に欠けている、と考えるにちがいない。

 それは欧米の研究家の仏教のみならず禅に関する研究を吟味する時、きわめて広い範囲にわたって認めざるをえないことである。じじつ欧米人にとっては、原文に頼ってこれを翻訳し、注釈を施し、試験ずみの哲学的方法によって処理するほかなすべきことがない。欧米人はこれだけやってしまうと、科学的に検討し尽くされた原文がこれで本当に把握されたと思いこむ。

 しかしそのような妄想に反して、そこにはその上何事もまた何者も現われて来ない。言葉を無上のものとして崇拝するヨーロッパ人の考え方に突き当たると、意思疎通のどんな可能性も破壊されてしまうのである(言葉や論理ですべてが理解できるという、欧米人の態度は、神秘を理解する上での「壁」となる)。言葉に言い表すことのできない、一切の哲学的思弁の以前にある神秘的存在の内容を理解することほど、ヨーロッパ人にとって縁遠いものはない。

 すべての真の神秘説に関しては経験こそ主要事であり、経験したことを意識的に所有することは二の次であり、解釈し組織することは末の末であるということを、ヨーロッパ人はわきまえていない。神秘説を把握するには自身神秘家になるほかにどんな道もないことをヨーロッパ人は知らないのである。

 ことに禅の神秘説に多大な関心を持ち、真に体験としての理解(学術書のみでは、その周辺にしか立ち入ることができない)を求めていたヘリゲルは、西洋哲学と東洋のそれとの大きな相違は、理論ではなく、身体行による「内的な気づき」によって真髄を会得(=体得)するところにある、と理解しており、やがてその体得が進むのですが…。

 そして、ヘリゲルは自身の経験した修行の内容に入る前に、西洋人の聴衆に次のように語りかけました(『日本の弓術』)。

…私はあなた方を刺戟するのではなくて鼓舞したいのである。仏教に関する文献の単なる字義の理解だけでは、仏教の本質、わけても禅の本質に、したがって禅にその神髄を求めるべき日本のもろもろの術の本質には、一歩も迫りえないということを、あなた方に悟らせてあげたいのである。

 それは、私がここに弓術(道)の本質を叙述するのではなく、それをあなた方の心眼に髣髴と現わそうとすることによって達せられると思う。そのため私は、自分が日本滞在中に最大の師範の一人に就いて行なったほとんど六年(事実は三年数か月。三 1で詳述)にわたるこの術の稽古の有様の、もちろんほんの暗示にとどまる程度ではあるが、大体のあらすじをお話ししようと思う。

 このさい特に取り立てて詳しく述べなければならないと思うのは、私がこの高尚な術の精神を究めることができるようになる前に、まず内心の抵抗、なかんずくあまりにも批判的な心の持ち方を克服しなければならなかったということである。そのような話し方で、おそらく理解の一つの道を拓くことができるであろう。もちろん一切は内的な経験に懸かっていて、これが他人にも分かち与えられるように、言葉をもって伝えることは私にはできない。

 後にヘリゲルは、「批判的な心の持ち方」を克服したのですが、それは、論理主義を滅却することで、心の持ち方をすっかり改めたのです(三 1で詳述)。

 

 

 

第三部 第一章 二 2 日本の歴史が生み出した文化的産物・武道

2 日本の歴史が生み出した文化的産物・武道

 入門の最初に、阿波師はヘリゲルに「弓術(道)はスポーツではない。したがってこれで筋肉を発達させるなどということのためにあるものではない。あなたは弓を腕の力で引いてはいけない。心で引くこと、つまり筋肉をすっかり弛めて力を抜いて引くことを学ばなければならない(『日本の弓術』二 )」と言明しました。

 これを達成することは、弓を引き射ることが、精神的になるための最初の条件なのです。しかし、引き絞ろうとすれば、彼はどうしてもかなりの筋力を使わざるをえなかったのです(弓術(道)が精神的になるには、丹田を意識しての「丹田呼吸法」に、その要点があった)。

 日本の武道は単なる運動能力の訓練ではなく、修行「精神の鍛錬・人格の向上」を目的としたもので、活元運動と同様「脱力」が基本なのです(第二部第三章二 1参照)。

 西洋の武術は敵を殺したり破壊したりするための技術でしかなく、一般的な西洋人にとって、剣道や弓道が修行(=宗教)であること、それは、剣や弓という、元は殺人の手段に仏教が関わっていることは驚くべきこと(註)だったのです(西洋でフェンシングに上達することは、キリスト教信仰を深めることと、全く無関係)。

(註)柔道のみならず、現在では合気道や剣道は世界的に普及し、その精神の理解も広まっている(剣道には活人剣という言葉がある)。1970年国際剣道連盟が設立され、この年、東京武道館で第一回世界剣道選手権大会が行なわれた。この時、参加は十七カ国であったが、2015年5月、同所で行なわれた第十六回大会参加は五十二カ国となった。

 武術は日本においても、西洋と同様、殺傷のための技術でした。

 日本の歴史では、平安時代終りから武士が政治権力を握って支配者となり、これが江戸時代の終わりまで七百年以上も続いたのです。このため、彼らは支配階級としての精神的教養を身につける必要があり、鎌倉時代(一一八五年頃)以来、上級武士は密教(平安仏教)や禅(鎌倉仏教)の修行を心がけました。また室町時代には、武士であっても和歌や茶道といった芸道の心得が必要であるとされ、「文武両道」の文化が生まれました。

 このように、日本では「武」と「文」の伝統が相互交流する歴史が長かったため、武術は精神性と芸術性の高いものに変わっていったのです。

 武官が長く権力を握るという状況は、中国や朝鮮の歴史では近代までありませんでした。文官が長く政治権力を握って来た中国や朝鮮では、儒教の力が強く、武官階級は儒家からは軽蔑されてきた ― これを「崇文軽武」と言う ― のですが、武官が仏教修行に深く関わったことが、日本武道の特質を生み出したのです。

 こうして日本の歴史では、「文と武」、「心と身」の鍛錬が一体不可分のものとみなされてきました。道場に神棚を祀り、技の鍛錬の前に、神を拝してから相手と礼を交わし、技を磨くことが信仰心を養い、他者との心の交流を促進するというものです。

(このような歴史的伝統の上に、近代になって完成した武道が合気道合気道創始者植芝盛平翁は、師野口晴哉と親交があった)。

 こうして、日本の武道は内面的な精神性が高いという特質を持つに到りました。

(これが起源を中国とする日本の武術が世界中に普及した理由)

 これは、日本の歴史が生み出した貴重な文化的産物なのです。

 12世紀以後、日本で「道」の文化(師弟関係による教育)が発達したことは、ほぼ時を同じくして、西欧で台頭した「個人主義(個人の頭脳・理性に頼る在り方)」に匹敵するものと思われます(道は経験による会得(体得=身体性)であり、西欧人は言葉による理性的理解)。